通常のピアノ修理とオーバーホールの違い

通常のピアノ修理とオーバーホールの違い

オーバーホールとは、部品単位にまでパーツを分解して清掃および再度の組み立てを経て、新品と同様の性能の状態に戻す作業のことです。
ピアノで言えば、古くて使い込まれた楽器を新品と同じような弾き心地に戻す作業となります。
メーカーによって異なりますが230本前後ある弦、チューニング用のピンやハンマー、フェルトといった部品を全て新しいものに取り替えます。
これにより、長く放置された楽器であっても新品と同じような音色を手に入れられるという訳です。
通常の修理は、故障したパーツのみを選定して取り外して新しいパーツに交換するという作業が中心です。
オーバーホールは全てのパーツを丸ごと交換しますが、修理であれば使える部分を残しつつ異常が発生している部分だけ交換すると覚えておけば良いでしょう。
修理内容とその箇所の数にもよりますが、通常の修理の方が割安である傾向にあります。
今のピアノの響きを残したまま、弾きやすさだけを向上させるのであれば通常の修理の方が向いています。

ピアノを購入する際の注意点と対処方法について

美しい音色を奏でるピアノは人の心を癒しますし、落ち込んだ心を慰め、励まし希望を与えてくれます。
それで、ピアノを購入して美しい音楽を自分でも弾けるようになりたい、と思うのであればどうしたらいいのでしょうか?まずは楽器店に行って予算内の商品を選ぶことです。
しかしその際に注意点があります。
それは、ピアノを自宅においても大丈夫だろうか?ということです。
ピアノはかなりの重量がありますので、アパートや家の2階に置くことが出来ない場合があります。
一戸建て住宅でも築年数がかなりたっている家は床が腐り気味の場合がありますので要注意です。
ですからしっかりした床であるかどうかを確認すべきです。
さらに、集合住宅の場合ですと隣近所に音が響いてしまう場合がありますので、その点も注意すべきです。
もし、集合住宅で隣や階下に音が漏れてしまう、近所迷惑になってしまうというのであれば、床材や防音壁などを設置して対策をとることは大切です。

ピアノに関する情報サイト
ピアノ修理の基礎知識

ピアノを長く良い状態に保つためには、定期的にメンテナンスや修理をする必要があります。優れた技術力と豊富な知識が必要になる作業ですので、自分で行うのではなく専門業者に依頼することがおすすめです。楽器店やメーカーなどで紹介してもらえる場合もありますが、依頼する前には実績や評判もよく確かめておきましょう。費用についても安心できることが大切ですので、良心的な価格で作業をしてくれるかどうかも確認しておきたいところです。

Search