ピアノの修理と新品購入ではどちらがお得?

ピアノの修理と新品購入ではどちらがお得?

大切なピアノが故障してしまった時、修理を選択すればいいのか新品購入した方がいいのか悩むことも少なくありません。
状況にもよるのですが深刻な故障ほど修理するためには高額な費用が必要になるので、経済的な負担が大きいです。
また長い間使用しているピアノは、現状発生している故障を改善しても別のトラブルを起こす可能性を秘めています。
そのような状況の時は修理ではなく、新品購入することで経済的な負担を減らせるチャンスです。
まずはピアノ修理を行う会社に対し、どのくらいのお金が必要になるのか知ることがポイントです。
一つの会社だけではなく、複数の会社に見積もりしてもらうことである程度の金額を把握できます。
そこで修理費用が高いと感じた時は、ピアノの新品を選択することで支払うお金を少しでも減らせます。
軽度なトラブルやアクシデントは、そこまで高額な金額になるケースはほとんどないので、修理を検討しても全然問題はないです。

ピアノを購入した事で必要になる維持費の費用

音楽の楽しみ方としてピアノを演奏する人は多くいますが、購入した際に維持費などどれくらいの費用がかかるのか気になる人も多くいます。
プロの演奏家で活動している人であれば、保管する事もお考慮して加湿器や除湿器など状態なども保つために様々な費用が必要になるケースは多いです。
ただし一般家庭であればそこまで湿度を気にする必要はなく、必要になるのは調律に関するメンテナンス料となります。
ピアノは最低でも1年に1度は調律を行うことで、良好な状態を保つ事に繋がります。
調律自体の料金は1回で12,000円から15,000程度で行う事が可能です。
逆にメンテナンスを行わないと直ぐに劣化してしまい、結果として状態がわくるなれば最悪オーバーホールを行い40万から70万の高額な修理代がかかる場合もあります。
必ずメンテナンスをする事が義務づけられているわけではありませんが、放置することで劣化に伴う修理代を考えるのであれば定期的な調律は重要です。

ピアノに関する情報サイト
ピアノ修理の基礎知識

ピアノを長く良い状態に保つためには、定期的にメンテナンスや修理をする必要があります。優れた技術力と豊富な知識が必要になる作業ですので、自分で行うのではなく専門業者に依頼することがおすすめです。楽器店やメーカーなどで紹介してもらえる場合もありますが、依頼する前には実績や評判もよく確かめておきましょう。費用についても安心できることが大切ですので、良心的な価格で作業をしてくれるかどうかも確認しておきたいところです。

Search