ピアノを修理する前に知っておきたい!基本知識やプロに依頼する方法について解説

ピアノを長く良い状態に保つためには、定期的にメンテナンスや修理をする必要があります。
優れた技術力と豊富な知識が必要になる作業ですので、自分で行うのではなく専門業者に依頼することがおすすめです。
楽器店やメーカーなどで紹介してもらえる場合もありますが、依頼する前には実績や評判もよく確かめておきましょう。
費用についても安心できることが大切ですので、良心的な価格で作業をしてくれるかどうかも確認しておきたいところです。

ピアノを修理する前に知っておきたい!基本知識やプロに依頼する方法について解説

ピアノは高価な楽器ですが、メンテナンスをきちんとすれば長期に使うことができます。
ピアノを修理に出す前には、基本的な知識も知っておきましょう。
まず、ピアノは多くの精密な部品から作られており長期に放置していると劣化しやすい傾向にあります。
ピアノは弦で音を奏でていますが、使うたびに弦は少しずつ伸びていくので音の高さが変わることにもつながります。
良い状態を保つためには、定期的に調律などのメンテナンスはしておきたいものです。
高い技術が必要になりますので、専門家に依頼することになります。
専門業者に電話やメールなどで連絡することもできますし、楽器店やピアノメーカーから紹介してもらえる場合もあります。

ピアノの修理が必要となるさまざまな症状

ピアノの修理を必要とする「症状」は、一台一台違うものがあります。
たとえば、鍵盤が下がったまま戻らない、鍵盤がめくれて変形している、小口が黄ばんで汚れているなどいろいろな症状があるので大変です。
また、30年以上前に購入したものだけど調律以外のメンテナンスを受けていないピアノなども、修理が必要です。
変な雑音が聞こえたり、ずっと使っていなかったものなので音がおかしくなっているなど、困ったこともたくさんあると言います。
ピアノのトラブルで一番「これに困っている」と依頼されるのが、「バットアッセンブリーのスプリングコード」の交換だそうです。
ピアノの弦を打ったハンマーを元の位置に戻すためのU字型の紐なのですが、これを適正な強さで固定しておかないと連続打鍵をすることが出来なくなってしまいます。
音の強弱にも関係するところなので、早めに修理をしておくべきです。
長い間放置していたものなどは、メンテナンスとケアをまずはしておきましょう。

ピアノの修理につながる原因や使い方

故障・不調になりかねない原因や扱い方の例を見ていくと、まず設置場所が挙げられます。
直射日光が当たっていたり、空調設備がない部屋に設置していると不調を起こしやすく修理が必要となる原因になり得ます。
大半が木材で構成されているピアノは直射日光に弱く、最適とされる温度・湿度にも条件があるからです。
適しているのは湿度が50〜70%で、温度は15〜20度程度と言われています。
また、冷暖房器具の風が直接当たる場所も向いていません。
高温や低温、極度な乾燥状態や湿気も苦手としていることをよく覚えておきましょう。
汚れやホコリが付くのが嫌だからといって、ピアノにカバーを掛けているのも良くないです。
風通しが悪くなり、湿気や温度がこもって木材に悪い影響を及ぼすからです。
日本は湿気が多い国であり、特に夏場は注意する必要があります。
一方で空調のかけすぎによる、極度な乾燥状態にも注意が必要です。
加湿器を使ったり、定期的に窓を開けて換気を施すなどの対策が大切です。

自分でできるピアノ修理とメンテナンス方法

普段から出来るメンテナンス法として挙げられるのが、外装面のお手入れです。
使う道具はピアノ用の毛ばたき、もしくは柔らかい布で良いです。
鍵盤に関しては、布で乾拭きを行います。
汚れが特に目立つ場合は、鍵盤専用のクリーナーを使って磨くと良いでしょう。
なお象牙を用いている場合は、キークリーナーではなく乾拭きのみにしてください。
トラブルを未然に防ぐ方法として有効なのが、湿度・温度の管理です。
大半が木材で構成されているピアノは高温多湿の環境に弱いため、きちんと管理する必要があります。
最適とされているのは湿度50〜70%、温度は15〜20度です。
一年にわたって適切な湿度・温度を保つために、直射日光が当たらずエアコンが設置された部屋に置くことが大切です。
冬場は低温および乾燥状態を防ぐ上で、暖房および加湿器が必要となります。
ただ気を付けたいのは、風・蒸気が直接あたらないようにすることです。
急激な温度変化が起きると、ピアノの金属部分に結露が生じてしまいます。
このまま放置すれば弦やフレームなどに、錆が発生するため注意しましょう。

ピアノの修理と調律にはどんな違いがある?

ピアノの修理は、文字通り故障した箇所を直す作業です。
ペダルや鍵盤、ピアノ線やハンマーといった部位の修理を行います。
一方で調律は、簡単に言えばギターのチューニングと同じです。
ギターと違う点は調整を行うための弦の本数と、専門的な知識・技術の必要性です。
通常のギターは基本的に6本であり、ペグと呼ばれる糸巻き部分で演奏者が簡単に操作できます。
しかしピアノの場合は88本の調整が必要であり、調律師と呼ばれる専門家が1本ずつ行う必要があります。
もちろん音程だけでなく弦を叩くハンマーや、鍵盤のタッチの調整も含まれる作業です。
ピアノの修理には、音が出ない・出にくいといった症状から鍵盤・ペダルの不調、内部の掃除までありとあらゆる作業が含まれます。
弱音器の効き目が悪くなっていたり、音色にムラが出てしまったりなどのトラブル対処も同様です。
他にも本体内部の汚れ防止のためのボード取り付けや、外装のクリーニング作業の取り扱いも含まれています。

ピアノに関する情報サイト
ピアノ修理の基礎知識

ピアノを長く良い状態に保つためには、定期的にメンテナンスや修理をする必要があります。優れた技術力と豊富な知識が必要になる作業ですので、自分で行うのではなく専門業者に依頼することがおすすめです。楽器店やメーカーなどで紹介してもらえる場合もありますが、依頼する前には実績や評判もよく確かめておきましょう。費用についても安心できることが大切ですので、良心的な価格で作業をしてくれるかどうかも確認しておきたいところです。

Search